スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

永遠のエヴァーグリーンは、“魔法の鼻歌”。 

        A LONG VACATION     大滝詠一         

         

           君は天然色
           Velvet Motel
           カナリア諸島にて
           Pappi-doo-bi-doo-ba物語
           我が心のピンボール
           雨のウェンズディ
           スピーチ・バルーン
           恋するカレン
           FUN×4
           さらばシベリア鉄道


 1981年3月21日。 今からちょうど30年前のことだ。
 “BREEZEが心の中を通り抜ける”との帯を付けた一枚のアルバムが発売された。
 永井博のリゾート・イラストをパッケージングした忘れられないジャケット。
 「A LONG VACATION」。  通称「ロンバケ」。   
 これが、日本のポップスの永遠の金字塔となるとは、当時誰が想像できただろう。


 日本語ロックの草分け的伝説のバンド「はっぴいえんど」の一員としてデビュー。
 シーンに多大な影響を残すも3年で解散。 後にソロ・アーチスト、プロデューサーとして、
 75年にフィル・スペクターの「フィレス」をモデルにした、大滝の名前からヒントに、
 自身のレーベル「ナイアガラ」を設立し、当時の日本アングラ・シーンの中でも異彩を放つ。

 東京・福生の自宅兼スタジオに籠って、60年代ポップスへの愛情と知識をフル稼働しながら、
 数々の名CMソングを提供。 マニアックな洋楽やオールディーズをベースにしながら、
 音頭や民謡をも飲み込んだ日本の歌謡史に、それに融合させるという、あくまで日本人的視点
 から“趣味趣味音楽”を模索(?)。 誰も真似できない独自のポップ・ワールドを構築。
 日本ポップス界のカルト的存在で、一部のマニアから絶大な人気を博す。

   

 山下達郎や大貫妙子らによる「シュガーベイブ」をプロデュースし、自身も奇妙奇天烈な
 冗談なのか本気なのか理解に苦しむ“奇特”な音楽性のソロ作品を短期間に連続的に発表するも、
 到底一般的に認知されるワケがなく、ナイアガラの70年代は全く売れない“不遇の時代”だった。
 (初のレーベル配給元の“エレック”が倒産し、“日本コロンビア”に移籍がなされたが、
  16トラック・レコーダーを寄与する代わりに、1年でアルバム4枚するという契約で、
  「売れなきゃ作れ、数打て」という論理なのか、大量生産を余儀なくされた結果だという)

 この第1期ナイアガラ時代の終焉後、約3年のブランクをおいて、CBSソニーに配給元を移籍。
 膨大な時間と手間ヒマと手塩にかけて、練りに練られた“一世一代”の大傑作を生み出す。

 当時信濃町にあったCBSソニーのスタジオに約1年籠って、レコーディングをスタートさせる。
 ただ、今まで“まともに売れたことがなかった”御隠居に、印税収入などあるわけがなく、
 福生スタジオの機材を売り払ったとはいえ、高価なスタジオ経費を払う財力などある訳がない。
 疑問が湧く。  しかし、捨てる神がいれば、拾う神も当然いたのだ。
 音楽出版社の経営者の朝妻一郎氏(「ロンバケ」のエグゼクティブ・プロデューサー)だ。
 彼との出会いが“運命の出会い”だった。 彼がスタジオ経費を保証したのだという。
 朝妻氏もオールディーズの大ファンだったそうで、御隠居の夢の実現に手を貸した。

 「もう最後なんだから。  今までやってこなかったことをやろうと。」

 無謀ともいえる数々の失敗から裏打ちされ、“気が付いた”というメロディアス路線への転換。
 「今度こそはいける」という自信を持った稀代の才能と、敏腕経営者の勘がスパークし、
 共に背水の陣を敷いた“大きな賭け”。  これが「ロンバケ」の誕生に繋がった。

 結果は、野球通である御隠居からすると、センター前クリーン・ヒットどころか、
 150メートル級場外逆転満塁ホームラン。 第2期ナイアガラは、“奇跡”からスタートする。

 それは、80年代初めのバブル到達以前の若者のトレンド志向、AORやフュージョンの主流に
 合わせるように、「~しながら、音楽を聴く」という、BGMとしてのライフ・スタイルや、
 ウォークマンの発売やエアチェック、カーステレオなどの音楽環境の変化も相まって、
 このアルバムは、じわじわと若者を中心に浸透していき、空前のロングセラーを記録。

 土曜の昼間にAMラジオでやってた歌謡曲の電リク番組。 大好きでよく聴いてました。
 いつも通りに何気に聴いてると、ある曲が流れてきた。  すると・・。
 当時持ってた、ちっぽけなラジカセのモノラル・スピーカーでも分かる、聴いたことのない
 重低音がズンズン響く。 歌は鼻歌っぽく聴こえるけど、何だか耳に残る曲、いや、“音”だ。
 「君は天然・・ん?」  曲名はおろか、当然歌ってるのも誰だか分からずじまい。
 しかし、他の歌謡曲とは明らかに違う“音質”であったことは、当時のガキでも分かった。
 これが中1の私が聴いた、真の“初ナイアガラ体験”であった。
 (いや、テレビっ子だった私は、当時に御隠居が“食いっぱくれ”にしてた数々のCMソング
  を耳にしていたにも関わらず、当然気付くことなどなかったから、初体験ではないのだが)

 そんな、たかだか“ナイアガラ歴30年”の鼻タレ小僧であるこの私が、このアルバムを
 レビューし語るなど、生息も甚だしく恐れ多いんですが、あくまで我々はリスナーであり、
 ファンなのであります。 いくら送り手が“尊大”でも、受ける側はあくまで平等なはず。
 良いものは評価し、ダメなものはモノ申す。 100人いれば、100通りの“答え”がある。 
 いまだにビートルズやストーンズ、ディランを「あーだこーだ」言ってるのも同じで、 
 芥川龍之介や太宰治を読んで、感想文を書いてることと同じだと思ってます。  
 だから私も“単なる感想文”を書いてる一人であります。

 前振りが長くなり過ぎたましたが。
 日本のポップ・シーンのマエストロ(巨匠)であり、ポップス史の研究者であり、
 実証主義者であり、見識高い文化人でもあり、論客者でもあり、日本で最も偉大なる
 “音楽ニート”(失礼・・)と揶揄されるも、現在でも業界内やアーチストらに多大な
 影響を与える“福生の仙人”こと大滝詠一(御隠居と呼ばせて頂きます)が生み出した、
 30年経った現在でも、日本ポップスに永遠のエヴァー・グリーンの輝きを放ち続ける
 金字塔である「A LONG VACATION」の話によろしくお付き合いを。

   

 「いや、もうできあがったときは、これは10年、20年は軽く持つっていうふうに
  豪語したんだけど。  でも、わからないよ。  売れたことがないから(笑)。」

 「ロンバケ」生誕30年を記念して、30th Anniversarry Editionが、3月21日に発売された。
 1982年に邦楽初のCD第1号としてソニーが、「ロンバケ」(35DH1)を選択し発売以来、
 1889年に再発した際にリマスターし、“さらばシベリア鉄道”をカットして発売(27DH5300)、
 1991年3月(10周年にあたる)の“CD選書シリーズ”(薄プラケースで1500円)では、
 オリジナルの10曲に戻して、オリジナル・アナログ・マスターからは最後のリマスター。
 2001年の20周年記念盤は、ギターやオルガンでリードさせた限定インスト盤だった
 「Sing A LONG VACATION」を全曲追加収録して、念のために88年に作っておいたデジタル・
 マスターを利用した初の“デジタル・トゥー・デジタル”によるリマスターで、
 今回の30周年記念盤は、御隠居イチオシの純カラオケと“君は天然色”のオリジナル・
 トラックをボーナスで収録させた通算5代目になる「ロンバケ」のリマスター盤だ。
 
 私は、評論家でもプロのエンジニアでもございませんので、専門的な違いはわかりません。
 あくまで“素人耳”で30年間聴き続けてきた“感”だけでしか書けないのですが、
 20周年盤の時は、「おお、歌が前に出てるじゃん」と、デジタル・マスター効果による
 中域の幅を強調させたせいか、御隠居の“歌”を際立たせる感じで、大いに楽しめた。
 今回の30周年盤を初めて聴いた時の印象は、「全体のバランスが元に戻った感じ」だった。
 変化が大きかった20周年盤に慣れてしまっていたので、余計に印象が違ったように思うけど、
 今回のリマスター源は、なんと突然発見されたアナログ・マスター(2世代目だが極上モノ)
 かららしく、タッチが限りなくアナログの音感やバランスに近づいた「ロンバケ」に感じた。

 ただ劇的な音質UPとか変化があったかと言われれば・・。 「ない」と答える。
 普通の人が、今までの「ロンバケ」と聴き比べても、きっと「あまり変わらない」と
 感じるだろう。 元々アナログ当時から音質については群を抜いて優れた作品だったんで、
 あとは聴き手の“耳”の感じ方次第で、好きかイマイチかに転ぶ。 そんなものだ。

 内容については、改めて書く必要はないだろうが、恐縮ながら書かせてもらうなら、
 一般的にまず「ロンバケ」と言ったら、やはり“君は天然色”だろう。
 第1期から、時間をかけ実験を重ねたフィル・スペクターの手法、構造を、やっとモノにし、
 “ナイアガラ流”に発展させて、決定的な答えを導き出したのが、この曲だ。 
 この曲で「ロンバケ」の成功は確約されたのだ。 この曲のインパクトはもの凄い。

 煌びやかなポップ・ストロークから、ロイ・ウッドを彷彿させるような大編成された
 セッションが一気呵成に「♪ジャンジャン! スカジャンジャン!」と、ユニゾンする
 (同じ音を複数で同時に演奏)三連符と、残響エフェクトが素晴らしいイントロは、
 30年経った今でも、あのちっぽけなモノラル・ラジカセで聴いた感動を色褪せることなく
 鮮明に蘇らせて、私の耳と心にダイレクトに響かせる。  

        

 御隠居によれば、この曲は“一発取り”で、ミックスは、ソニー・デジタル・エンジニアの
 申し子である吉田保氏(あの吉田美奈子のお兄さんです)が2チャンネルでカラオケを
 作って、それをベースに音を重ねたり、SEを入れたり、歌を入れてるそうで。

 今回の30周年盤のボーナス・トラックのオリジナル・ベーシック・トラックが、その
 一発取り2チャンネル版だ。  これが“君は天然色”の原型となってるが、
 なんと、「♪想い出はモノクローム~」からのサビは、一音上がりになっているのだ。
 御隠居によれば、イントロはAだけど、歌はG。 ということは・・、
 「一音下がった歌で始まってる訳。で、サビになると一音上がるのよ。(Aに戻る)
  つまり、サビ始まりだったんだよ。」  でも、御隠居のキーでは歌えないんで、
 オケはそのままにして、サビだけ、ハーモナイザーで一音下げたそうだ。

 「凄く悩んで。 もう、構成として大きくしたかったのね、曲は。
  Aで始まってGでいて、サビがAでいって、Gに戻ったら、
  また転調したサビになって戻ってっていう風に、デカイ構成にしたかったから。

  なんとしても一音上げのサビはやりたかったんだけども、「色を点けてくれ」とかさ、
  ほんどにもうダメになった中年が青春を回顧してる感じになっちゃって。
  しょうがないからさ、一音下げたのよ。

  トニック下げは珍していって、C、F、Gのトニック下げに結果的になったんだけど。
  で、ハーモナイザーで一音下げたのよ。 」
                      (サンデーソングブック 2011年新春放談より)

   ※ 専門用語ですが、トニックってのはトニックコード(主音階)のことで、
     曲の構成上、特にポップスなんかは耳さわりがいいんで、曲の初めや終り
     なんかによく用いるコード。 でも御隠居は、このコードでは歌えないんで、
     主音階を下げるなんてことは珍しいけど、ハーモナイザーで1音階下げたとのこと。
                      
 凄腕のミュージシャン達による(「20人くらいで、せ~のでやってる」との談)、
 個性もテクニックも剥ぎ取り、全て“音の壁”に封じ込めて、ひたすらギミックのみの
 道具に使用されて、2拍3連の連打や変拍子を繰り返すキック・ドラムとチョッパー・
 ベースの“キメ”とタイミングの妙が、この曲、いや、「ロンバケ」の“期待感”と
 “悦楽感”を呼び込んでいく。

 このアルバムで展開されるナイアガラ・ワールドは、“比類なき多重人格音楽家”である
 大滝詠一の歌手、作曲家、編曲家としての“メロディアス”・サイドの総決算だ。
 盟友松本隆に「言葉のプロデュース」を託し、ボーイ・ミーツ・ガール的な映画の
 ワンシーンみたいに鮮明かつメランコリックな叙情の世界に、御隠居の優しく柔らかい
 メロディに乗せるという全体的な音楽構造は、60年代から70年代のアメリカン・ポップス
 を基本に、歌謡曲やフォーク的テイスト、北欧エレキ・インストをもエッセンスして、
 ナルシスティックに酔いしれたかのような、とうとう歌心に目覚めた(?)御隠居の
 心地いい“魔法の鼻歌”が包み込み、過去のノベルティ・サイドでみせた遊び心やヒントも
 スパイスさせ完成させた、音頭を封印し、本気で“売りにいった“初のナイアガラ作品だ。

   

 「ロンバケ」は、先にも書いたフィル・スペクターの“ウォール・オブ・サウンド(音の壁)”
 のナイアガラ流のことばかりが特徴とされがちだが、その象徴的引用は、“君は天然色”に、
 “恋するカレン”と“カナリア諸島にて”の3曲くらいで、思っているほど少ない。
 最も“音の壁”を具現化できたのは、“恋するカレン”だろう。
 アコギにピアノにストリングス、カスタネットに女性コーラスを分厚く何枚にも重ね
 合わせた、壮大なポケット・シンフォニー。 もはやスペクターの模倣なんて次元ではない。
 しかし・・。  歌については御隠居いわく。
 「出来て、オケ作って、んでぇー“これはやった”と思ったわけよね、オケ作った段階で。
  で、オケ作った段階で廻りの顔色も違うわけよ。 
  これはいい作品になるって皆思ってたんだけど、いざ歌い出したらさ、歌えなかったのよ。 
  頑張って頑張ったんだよ。 何日頑張っても40点しか出ないんだよ~。
  最初に入れたのが20点。  ある日たまたま60点。  はぁ~、この程度かぁって。」
                        (サンデーソングブック2010年新春放談)

 それよりもアルバム全体を通して、アコースティック・ギターの音色を隠し味に多用してて、
 “Velvet Motel”や“雨のウエンズディ”や“恋するカレン”など、さりげなくも効果的だし、
 “雨のウェンズディ”では、ベースに細野晴臣、ギターに鈴木茂なので、変則的だけど、
 作詞の松本隆を加えれば、これぞ80's版「はっぴいえんど」が実現して、叙情感あふれる
 名曲に仕上がってるし、鈴木茂のギターをフューチャーしたワイルドな“わが心のピンボール”
 と、シンプルだが水彩画的情景が美しい“スピーチ・バルーン”のコントラストが実に見事。
 ラストには、多羅尾盤伴内楽団Vol.1での、北欧エレキ・インスト路線を継承した
 “さらばシベリア鉄道”のような曲もあって、実に“振り幅”の広い構成なのだ。

 さらに洋楽への深いオマージュと憧れと“悪ふざけ”の一歩手前のギリギリの展開が痛快な
 御隠居の相反するノベルティ・サイドの“いたずら心”も、うまくマイルドにブレンドしてる。
 アルバム中唯一御隠居の作詞曲“Pappi-doo-bi-doo-ba物語”は、ドゥー・ワップの魅力と
 テレビで何か聞いたことがいるようなフレーズを散りばめたユーモアがたっぷりで、
 ついつい口ずさんでしまうし、ビーチ・ボーイズやマニアックなオールディーズをパロッた
 お気軽ソング“FUN×4”の2曲がバランスよく配置されて、紳士的で清涼感あふれる印象が
 ある「ロンバケ」に小粋なアクセントを加えるとこは、クセモノである“御隠居”ならでは。
 
 しかし今でも思う。 実に意味深なタイトルだ。 タイトルから既に計算してたのかと。

 1984年の「EACH TIME」以来、オリジナルアルバムを発表していない。
 “長~~~~い休暇”のあと、1997年に突然シングルで“幸せな結末”を発表。 ドラマの
 タイアップも重なって大ヒット。 活動復活かと思いきや、また“長~~~~い休暇”に。
 すると、また2003年に突然シングルで“恋するふたり”を発表。  これが“最新曲”。
 「ロンバケ」20周年記念盤の時も、何らかの“動き”に期待したけど・・、無かった。 

 「90年代に頑張って2曲書いて。 あれ、A,B面書いてるから。 たいしたもんだよ。
  2000年代に1曲だから。 よく1曲できたなって。 さすがにね、2曲、1曲だから。
  2010年代はないよ。 2、1、0。 2010年代にはゼロということを暗示してるね、既に。」
                       (サンデーソングブック2010年新春放談)

         

 2021年3月21日発売予定(?)の「ロンバケ」40周年記念盤は、アナログ盤で復活ってのは
 どうでしょう。 御隠居。  アナログ盤で始まり、アナログ盤で締める。
 もう音楽活動に関しては“お終い”と示唆されてて、永遠の「ロング・バケーション」と
 なりつつありますが、いかがなものでしょうか?  期待しております。
スポンサーサイト

2011/03/30 Wed. 00:12 [edit]

Category: ナイアガラ関連

Thread:CDレビュー  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 2

top △

悲しくも純粋な終りなき夏。(2) 

       僕の中の少年      山下達郎
               
          amazonへ

         新・東京ラプソディー
         GET BACK IN LOVE
         The Girl In White
         寒い夏
         踊ろよ、フィッシュ (Album Version)
         ルミネッサンス
         マーマレイド・グッドバイ
         蒼茫(そうぼう)
         僕の中の少年

 前回に引き続き、“大人の夏”でお付き合いを。
 このキーワードで思い浮かぶといえば、これも月並みなんだけど、
 やっぱ、この人でしょう。
 ブライアンの項でも書いたけど、
 どことなく懐かしさと少し悲しさを感じるのが、“大人の夏”。
 サザンやチューブのような定番中の定番もいいんだけど、
 かつての定番(あえてそう呼ぶ)だった彼のこの一枚の、
 成熟度の高さと内省的一面は、“大人の夏”にぴったり。

 本人曰く、「シンガーソングライターのコンセプト・アルバム」だという。
 彼が自らの少年の心との決別をテーマに、アイデンティティや思想を目論んだ、
 プライベートな(内面的)作品だ。
 またそれは、リゾート・サウンドの金字塔である「FOR YOU」路線との決別でもあった。

 前作「POCKET MUSIC」で培ったデジタル・テクノロジーのノウハウによって、
 よりパーソナルなレコーディングが可能になったことも大きいけど、
 アナログ時代のバンド・サウンドから、彼による打ち込みや多重録音が増えてくる。

 アナログでいうA面は、比較的明るいというか外へ向けての歌で占められる。
 (しかし内容はけっして解放的ではなくて、率直な思いや成熟した視点で歌われる)
 緑色の自転車をこぎながら、昭和へのオマージュを込めた懐かしい匂いのする、
 (ラストで、「楽し都、恋の都♪」と、「東京ラプソディー」の一節を、
  まりやさんと村田和人氏のコーラスで巧みに折り込んである)
 “新・東京ラプソディー”は、セピア色の情景が浮かんでくるようだ。

 彼の初のバラード・ヒット“GET BACK IN LOVE”も、彼だからこそ、
 “去っていったあの人”のことを歌っても、メソメソと未練たらしくなく、
 壮大なバラードで感動させられるのだ。(このオケいい音してるよ、ほんと)
 それと、夫婦合作となった“寒い夏”も隠れた名曲だ。
 歌詞がいいんだ、コレ。(まりやさんのペンなんだけど)
 これも“去っていったあの人”のことを歌ってるんだけど、女性の視点から見た、
 男の心情を歌ってるのも面白い。 (実に繊細に表現されてる、素晴らしい)
 それに、服部克久氏によるストリングスも見事にマッチしている。
 これも、素晴らしい。
 
 そして、元祖リゾート男、復活(?)の、サマー・チューン“踊ろよ、フィッシュ”だ。
 これは、シングルで出されたヴァージョンより、このアルバムでのミックスの方が、
 より軽快で躍動感あふれる出来に仕上がってる。
 (エコーを少なくした為、ヴォーカルが前面に出て、その分音圧が出る結果に。
  テンポも若干アップしてるかな。 転調やコード進行も面白い。
  歌詞も変えて、「おくれよ、ベイビー」なんて、かっこいいこと)

 対して、B面に当たるのは、内省的というか、大作志向の強い曲が多い。
 打ち込みによる音で、星座を織り成すかのように神秘的に構築される、
 “ルミネッサンス”、
 放浪する心を、16ビートに乗せる“マーマレイド・グッドバイ”ときて、
 達郎流ゴスペルで、人生観の本質をストレートに歌い上げた名曲、
 “蒼茫(そうぼう)”が心を打つ。

 「限りない命のすきまを、やさしさは流れていくもの。
  憧れや名誉はいらない。 華やかな夢も欲しくない。
  生き続ける事の意味。  それだけを待ち望んでいたい。」

 聴いた若かりし頃は、漠然としてピンとこなかったけど、
 この歳になって、ようやくこの問いかけの意味が分かるようになった。
 しかし、“僕の中の少年”のように、自らの少年性に別れを告げなきゃ、
 ほんとの大人にはなれんのです。
 ただ、私はまだ少年の心をどことなく持っていたく思う。
 彼ほど、成熟してませんから。
 
 人生の中の“夏”もさまざま。
 そろそろ夏がやって来ます。
 今年も、いい夏にしたいものです。                  

2006/07/11 Tue. 16:16 [edit]

Category: ナイアガラ関連

Thread:懐かしい音楽  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 0

top △

趣味趣味音楽でポップス歌暦。 

         NIAGARA CARENDAR     大滝詠一

          amazonへ

         ’78オリジナル版            ’81Remix版

                 
       1月(JAN)   Rock'n Roll お年玉   
       2月(FEB)   Blue Valentine Day
       3月(MAR)   お花見メレンゲ
       4月(APR)   Baseball-Crazy
       5月(MAY)   五月雨
       6月(JUN)   青空のように
       7月(JUL)    泳げカナヅチ君
       8月(AUG)   真夏の昼の夢
       9月(SEP)    名月赤城マンション
       10月(OCT)   座 読書
       11月(NOV)   想い出は霧の中
       12月(DEC)   クリスマス音頭~お正月
 
 師走です。 早いもので、今年もあと一ヶ月きりました。
 カレンダーの準備ってされてます?
 まだの方、こんなカレンダーはいかがでしょうか。

 【 1月 】
  もろエルビス気取りの50年代風ロックンロール。
 【 2月 】
  切ない男心をオールディーズ・バラードで、しっとり歌う。
 【 3月 】
  落語調の詩を変拍子のリズムに乗せて、明るく朗らかに。
 【 4月 】
  R&Bのビートに三三七拍子をプラスした、野球讃歌。
 【 5月 】
  初ソロの収録曲をライチェス・ブラザーズ風に壮大に。
 【 6月 】
  和製フィル・スペクター気取りの、軽快なポップ・チューン。
 【 7月 】
  パクリすれすれのパロディ満載のサーフィン・ホット・ロッド。
 【 8月 】
  60年代映画音楽をイメージさせる、美しき環境ソング。
 【 9月 】
  レゲエ・ビートで演歌を唄った、股旅歌謡レゲエ。
 【 10月 】
  ボ・ディドリー・リズムとジャングル・ビートを基盤にして、座ったままダンス(?)。
 【 11月 】
  北欧音楽を意識した哀愁のメロディ。
 【 12月 】
  これぞ正しい日本のクリスマスの過ごし方! 音頭を数えた悶絶和風聖歌の傑作。
  そして、キング・トーンズをバックに、ドゥワップ風アカペラで新年を迎えて、
  リンクしていく・・。
  
 1978年、大滝氏が、当時低迷期だったコロンビア時代に放った大傑作だ。
 ジュリー・ロンドンの「カレンダー・ガール」にインスパイアされて、
 一年12ヶ月を、様々な楽曲で表現するというコンセプトを、
 ナイアガラ流に展開した一枚であった。

 ここまできたら(とにかく売れなくて)、やりたいこと全部やっちゃえ!的な、
 ヤケクソ主義にカコつけて、願ったり叶ったりの企画だったとのこと。
 (しかし、自信作との意に反して、全く売れなかったみたいだけど)

 「ロンバケ」しか知らない人が多い中、「ナイアガラ・ムーン」と共に、
 是非聴いてもらいたい作品だ。
 多重人格者と自らを称する大滝氏だが、「ロンバケ」をメロディアス路線、
 「ムーン」をノベルティ(奇抜な)路線としての代表作と位置づけしている。
 そして、この2者を絶妙に混在させているのが、この「カレンダー」なのだ。

 “青空のように”と“Blue Valentine Day”は、後の「ロンバケ」へと、
 継承されるプロトタイプみたいなメロディアスな曲だし、
 “真夏の昼の夢”のリゾート感も「ロンバケ」の成功を予感させる。
 しかし、ノベルティ路線は、なかなか受け入れてもらえずに、
 次々作にあたる、あの世紀の怪盤「Let's Ondo Again」で大爆発するわけだ。
 (そして、コロンビア時代であるナイアガラ氷河期の終焉となる・・)

 考えてみたら、日本の歌謡曲、ポップスだけでしょう、
 世界中の音楽を飲み込んで、自己流にアレンジしてしまう技を持ってるの。
 (それが、いいか悪いかセンスは置いといて)
 大滝氏の音楽の博学ぶりと造詣の深さを思い知らされる、
 貴重なアルバムである。
 年の暮れに、是非ご一聴を。

2005/12/02 Fri. 20:03 [edit]

Category: ナイアガラ関連

Thread:邦楽CDレヴュー  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 0

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。