スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

東京発、“機械仕掛け”のオリエンタル・ディスコ。 

   YELLOW MAGIC ORCHESTRA    YELLOW MAGIC ORCHESTRA

        オリジナル盤              US盤   
  

 コンピューター・ゲーム~サーカスのテーマ  Computer Game “Theme From Circus”                 
 ファイアー・クラッカー Firecracker                                       
 シムーン   Simoon                                                        
 コズミック・サーフィン  Cosmic Surfi'n  
 コンピューター・ゲーム~インベーダーのテーマ Computer Game “Theme From Invader”
 イエロー・マジック(東風)  Yellow Magic (Tong Poo)  ※ US盤はRemix
 中国女  La Femme Chinoise
 ブリッジ・オーヴァー・トラブルド・ミュージック Bridge Over Troubled Music
 マッド・ピエロ  Mad Pierrot
 アクロバット  ※ US盤未収録  
                   
                
 最近、CMに出てましたね。   YMO。 
 “ライディーン”をバックに、「POKIO」と“テクノポリス”を文字って、ポ○キーをかじってる。
 ちょっと前にも、ビールのCMで再演してたけど、ひさびさCM見てニヤけてしまった。

 いいきっかけなんで、今宵はYMOの話でもしましょう。
 このデビュー盤は、このブログ開設直後に書いてますが、大幅にリニュアルして参ります。
 よろしく、お付き合いを。


 1979年。 田舎者の私は小6の修学旅行にて、そこで生まれて初めて、
 “スペース・インベーダー・ゲーム”をやった。   記憶じゃ2回くらいかな。 
 200円。 点数は覚えてないけど、2000点くらいで、あっという間にUFOの餌食に
 なってしまったような・・。  しかし、あの強烈な“電子音”は今でも耳に残ってる。
 中には、持っていった小遣いの半分以上もつぎ込んだバカもいたっけ。

 時代はアナログ。 全てアナログ。 
 デジタルに本格的に移行し始めるのは、あと3,4年くらい後のことだから、
 スペース・インベーダー登場の衝撃度は、ほんと凄まじかった。

 YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のデビューもこの頃。 1978年11月だった。

    

 78年2月、細野晴臣の「はらいそ」製作中に、YMOは形成(結成)される。

 はっぴいえんど解散後に、75年のソロ第2弾「トロピカル・ダンディ」で具現化した
 南国の楽園音楽とチャイニーズ・エッセンスをミックスさせたエキゾチックなサウンド
 (ソイ・ソース・ミュージックなんて言ってた)をコンセプトにして、より構想を
 膨らませていった細野は、「はらいそ」のセッションに参加した高橋幸宏と坂本龍一
 を自宅に招き、おにぎりを振る舞いながら、自身の音楽構想を語り出す。

 「マーティン・デニー(ハワイアン・ミュージシャン)の“Firecracker”を、
  コンピューターを使って、“エレクトリック・チャンキー・ディスコ”っぽく
  ジョルジオ・モロダーみたいにアレンジして、クラフトワークの方法論でやる。 
  45回転シングルで売り出して、大ヒットさせる。 目標400万枚!」

 ロックやR&Bのような、プレイヤーの魂、肉体性に依存しきった“熱い”音楽が
 主流の時代に、細野は、あえて“顔の見えない”コンセプト・サウンドを志向する。
 プラス。 目指す自身のエキゾチック音楽を、よりわかりやすく世間、いや世界に
 知らしめるには、当時大流行していたディスコ・サウンドと合体させるのが
 得策と考えたのだ。 そして、当時「言葉が仮死状態にあった」と感じていた
 細野は、インスゥルメンタル音楽で表現していくことを提案したのだ。
 
 2人は、この構想に賛同し、プロジェクト参加を快諾したという。
 きっと細野の頭の中には、“Black Magic”と“White Magic”しかない西洋の
 音楽の“魔術”の枠に対して、“Yellow Magic”という東洋志向的なものがあっても
 おかしくないという考えを方法付け、その実現のためのにはこの2人が必要と
 考えたのだろう。
 
 この細野のコンセプトをベースに、高橋の欧風的でスタイリッシュなポップの香り
 を持つ、デザイナーとしても活躍していたセンスに、教授(坂本)のクラシック出身
 の豊富な音楽知識、教養に裏付けされたアレンジ能力、卓越した演奏技術が、
 細野の構想と高橋のセンスを技術的に繋ぎ合わせていった。
 これが、YMO当初の基盤システムにあたる部分だ。
  
 そして、78年7月10日。 YMOの最初のアルバム・レコーディングが始動する。

    

 ここで登場するのが、ローランド社のマイクロ・コンポーザーMC-8だ。
 初期のYMOは、このシーケンサーを多用して、数々の“黄色い魔術”を生み出していく。
 ここで、“第4のYMO”と言われた優秀なマニピュレーター松武秀樹の協力を仰ぐ。
 テンキー入力によるプログラムされ数値化されたデータからのサウンドに、高橋のドラムや、
 時に細野のベースを組み合わせるという方法でリズム・トラックを作っていった。
 細野は、教授が手直しした“Firecracker”の譜面を、松武がもの凄い速さでプログラミング
 していくプロセスを興奮しながら眺めていたそうだ。
 
 そして、11月デビュー作「イエロー・マジック・オーケストラ」がリリースされる。
 (オリジナル盤は、東京ミックスなんて言われる)

 この78年は、海外でも、「人間退化論」を唱える変態頭脳派集団“DEVO”のデビュー、
 ドイツが生んだ元祖電脳集団“クラフトワーク”が「人間解体」リリースと、
 まさに、テクノ時代幕開け元年。
 「 デジタル・コンピューターと人間とのセッションによって生まれた
                          2001年からのリズムがこれだ!! 」
 と帯に書かれたキャッチコピーを掲げて、“外人から見た、曲解された東洋のイメージ”と
 いうビジュアル・コンセプトも具現化した記念すべきファースト・アルバムだ。

     

 当時ゲームセンターで席巻していた「サーカス(風船割り)」に「スペース・インベーダー」
 のSEをブリッジにして、カラフルで多彩な電子音やノイズをパズルみたいに組み合わせて、
 中華灯篭のごとく、艶やかにかつ、ノンストップで無国籍オリエンタル・ビートを強調した
 流暢なアルバムの流れが素晴らしい。

 細野の、ベンチャーズとテクノを掛け合わせたような“Cosmic surfin’”や、
 映画「STAR WARS」の砂漠のシーンで、C-3POとR2-D2が歩いてるところをイメージ
 したという“Simoon”といった、細野の個性が全体的に強く出ている作りだ。

 しかし、御多分に洩れず私も初期YMOといえば、やはり“東風(Tong Poo)”だ。 
 初期のYMOのテーマ曲のひとつであり、世界では一番認知されてるYMOクラシック。
 フュージョンでもなく、完全なテクノでもない、西洋音楽の形式を取りながら、
 フランス的オリエンタリズムを盛り込み、YMOの中では、教授の代表曲となった。
 (ちなみに、教授のYMOの作品の中で一番好きな曲は、散開前の大ラストの名曲
  “Perspective”。 愛し合ってるのに別れなきゃいけない。 哀しすぎる・・。)

 メロディーなど主要なサウンドは、複数のシンセ・ムーグを使用し、細野の独創的な
 シンセ・ベースに、リズム系にはPS-3100が使われているが、大部分はプレイヤーによる
 手弾きによる演奏で、弦ベースのほか、リマスタリングでよりクリアになった教授の
 かなり複雑なピアノ旋律も聴ける。

 曲のタイトルは、フランス映画の巨匠ジャン・リュック・ゴダールの作品から拝借
 していて、“中国女”、“マッド・ピエロ”も加えて、ゴダール3部作をそのまま引用
 している。(映画との関連は全くない)

     

  「 外国でYMOっていうと、“東風”なんですよ。  テーマ曲のような。
    フュージョンとテクノの橋渡しみたいな曲でしたね。
    これで、YMOが受け入れられたという大事な側面を持った曲です。
    いい感じの東洋趣味があって、エレガントで古典的な作り方で、
    とっつき易かったんじゃないですかね。            (細野) 」

  「 ブラームスと中国の革命音楽に影響されてます。
    これに限りませんけど、アナログ・シンセの音って、久し振りに聴くと、
    ほんといい音ですね。 間奏はちょっと長いですね・・。
    ピアノは、ハンブルグ・スタインウェイ。 鋼のような音してる。 (教授) 」


 今、このアルバムを聴き直すと、時代の流れもあるだろうが、当時思っていたほど
 無機質な電子音楽とは感じない。 逆に、表現方法は、限りなくアナログに近い。
 血の通わない電子音は、あくまで楽曲構成の“ツール”に利用するだけで、
 基本は生演奏という、3人の優秀なテクニシャンによってしっかり固められ、
 “コンピューターとの共存”によるバランス感覚が絶妙に保たれていることに気づく。
 (これはYMO活動期の最大のテーマであり、以後、様々な方法論を模索していく)


 このオリジナル盤リリース直後、紀伊国屋ホールでのステージを観た、当時のA&M副社長
 トミー・リピューマが一目惚れして、傘下のレーベル“ホライズン”で全米デビューが
 決定する。 そこでアメリカン・マーケット向けに、リミックスが施される。
 (リミックスを担当したのは、名エンジニアのアル・シュミット)
 ジャケットは、あのウェザー・リポートの超名盤「HEAVY WEATHER」の巨大な帽子の
 デザインで知られるルー・ビーチが描いた、髪が電気配線の電脳芸者がスリーブを飾る。

 “ハイテクに囲まれた怪しい東洋人”を演じるというビジュアル戦略も功を奏して、
 (あの“赤い人民服”のコスチュームは、デザイナーである高橋のアイデア)
 アメリカから欧州へ波及していき、全世界テクノ・ブームの急先鋒として、
 ムーブメントに巻き込んで、日本を自虐的に茶化す、なんとも怪しげな音楽集団
 「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ」は、世界から逆輸入する形で、
 日本でも受け入れられることになる。

  

 オリジナル発売当時は、日本でのアクションは薄かった。 細野は“早すぎたのだ”。
 このUS版が、日本でもリリースされて、彼らの人気に火が着いたんで、
 出回ったのは、圧倒的にこっちの方が多い。
 (US版が出て、オリジナル盤は廃盤になったが、大ブレイク後に再発される形に)

 全体的に、オリジナル盤と音の定位とバランスは変わらないけど、音の分離が
 クリアで、エコーを深めにして、ベースやドラム・キックを強調して
 (“firecracker”のハンドクラップ音もそう)、完全に“ディスコ”を意識した
 ビートに仕上げてる。

 一番の違いは“東風”だ。 中間部に吉田美奈子の幻想的なヴォーカルをダビングして
 あるのが特徴。 私はオリジナルよりも、こっちの方が好き。
 そして、A面の「サーカス・ゲーム」にリンクするようなエンドレス構成だった
 ラストの“アクロバット”を削除して、ド派手な“Mad Pierrot”で終わる構成に。
 これはインパクト大。 これも好みだけど、私はUS版の方が好きかな。
 (ただ、このリミックスに対し、YMOの面々は「テクノを理解していない」との
  否定的なコメントを残している)


 YMOは、シンセサイザーの使用による音楽の実現というものに具体例を示すが、
 とかく理解されにくい“この手”のサウンドも、彼らは、ポップで分かりやすかった。
 まだまだ否定的意見もあった中、時期的にもシンセサイザーが認知され出した頃と
 デビューが重なり、サウンド作りもコンピュータ制御が可能となって、当時の
 日本のという国が有した“工業立国”としての地位や環境、空気なんかも、
 イメージ的戦略に密接に関わっていたように思う。

 77年当時、1ドルが250円で、デビュー当時の78年は、180円台に突入していた。
 オイル・ショック後の中東オイル・マネーに変わって、高度経済成長によって、
 底上げされた、工業輸出大国「日本」の経済力の台頭が、世界の構図を変えていった。 
 これが、真の「円高」。 投機筋やブローカーのさじ加減で上げ下げしてしまう、
 現在の中身も実体もない「円高」ではない。

 ジャパン・アズ・ナンバーワン。

 YMOは、日本が一番“元気”だった時代に登場した。
 YMOが海外で評価されたのは、彼らの登場が、日本の経済とハイテク技術力、
 そして、サブカルチャーを含む、東洋のファッションが注目を集めていた時期と
 重なっていたのも、けっして無関係ではなかったのではないか。

 YMOは、唯一“世界が認め”、唯一“大成功して”、唯一“通用した”
 日本のバンド。  細野の野望、してやったり。
 「当たるべくして当たり、売れるべくして売れた」のだ。

 YMOは、次の「SOLID STATE SURVIVER」で、ディスコ路線を踏襲しながら、
 高橋のヴォーカルを全面に押し出したロック・サウンドをも展開して、
 この軽快で分かりやすいコンセプトが大受けしてブレイクし、
 世界で初めてコンピューターをステージで走らせて演奏するバンドだった
 彼らは、アメリカやヨーロッパのツアーでも大成功を収めて、凱旋し、
 とうとう日本でも社会現象になってしまうほど、テクノ・ムーブメントが
 巻き起こるワケである。

 アナログ主流の時代に、半導体都市「TOKIO(東京)」から、世界に発信された
 早すぎた“未来型サウンド”。  
 それは、パソコン中心のIT時代が席巻する現代を予言したかのように鳴り響いていた。
スポンサーサイト

2010/09/26 Sun. 01:02 [edit]

Category: 日本のロック、ポップス

Thread:邦楽  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 2

top △

ロックンロールを教えてくれた奴ら。 

        RHAPSODY    RC SUCCESSION 
        
          

           よぉーこそ
           エネルギーohエネルギー
           ラプソディ
           ボスしけてるぜ
           エンジェル
           ブン・ブン・ブン
           雨上がりの夜空に
           上を向いて歩こう
           キモちE

   ウソだろ! 清志郎さんが亡くなるなんて。 とても受け入れられない・・・。
   またガンを乗り越えて帰ってきてくれるって、約束してくれたじゃないか。
   認めるもんか。

   このページは、私がブログを書き始めた頃、RCとの出会いを語ったものです。
   今回は、再度そのページをあえて改筆せずアップしたく思います。

   今は、追悼とか偲ぶとか、とてもそんな気持ちにはなれません。
   ただ、私の心にはただ“スローバラード”が響きます。
   ロックンロールは永遠に・・・。  


   「おまえ、RCって知ってる? スゲェー、かっこいいんだよ」
    ある友人が貸してくれた一本のカセットテープ。
    汚ねぇー字で、「ラプソディー RCサクセション」とあった。
    なんだか、イチオシらしい。 ま、聴いてみっか。
    最初は、この程度のノリだった。

    (うるせえ~。 なにこいつら?) 素直にそう思った。
    ただ当時、ラジオから流れる外国の歌に興味はあった。
    でも、まだちょっと敷居が高かった、そんな年頃。
    (これがロックンロールってもんなんかな・・。)
    そう思い始めたら、繰り返し繰り返し。 何度も何度も・・。
    しまいには、テープ伸ばして。
    あの頃は、これが、日本のロック史上最高のライブ盤なんて、
    知る由もなかった。

    1980年4月5日、久保講堂での初のワンマン・ライブを録ったもの。
    初期のフォーク路線から、R&B、ソウルをベースにロックンロールへシフト、
    仲井戸麗市(チャボ)と新井田耕造が
    正式加入して、G2のキーボードが加わった、第2期のデビュー盤だ。

    メンバーはスタジオ録音で出したかったが、 当時、kittyが
    ケチッて、“安上がり”なライブ盤にされたそう。
    しかし、すべてが型破り。 やりたい放題。 天真爛漫。
    「よぉーこそ~」 ノッケからバンドの自己紹介を曲にしてしまう
    このセンス。 歌謡曲全盛の頃では考えられなかったことです。

    10分を越す“自己紹介”には、各自ソロが加わる。
    チャボとゲストの小川銀次のツインギターは、エッジ効いてるし、
    新井田さんが叩かないと、RCじゃない。
    決して、清志郎さんだけではないのだ。

    選曲もベスト。 まさに黄金期の彼らがここにある。
    ここでの、超名曲「雨上がりの夜空に」は
    RC史上、ベスト・パフォーマンス。
    これを聴かずして、日本のロックなど語れません。

    清志郎さんの名言。
    「レコードって、ライブに来てもらうためのチラシだ。」
    さすが、KING OF LIVE。 

    私に、ロックンロールを教えてくれたのは、RCでした。
    ストーンズもビートルズも、それからの追っかけ。
    これを機に、様々な曲を貪欲に聴いていったのでした。

    最後に、清志郎さん、
    音楽活動35周年、おめでとうございます。

                                2005年 8月28日 記

    上を向いて歩こう。 涙がこぼれないように。

    ロックンロールを教えてくれて、本当に有難うございました。

    心より、ご冥福をお祈り致します。                合掌。

2009/05/03 Sun. 08:25 [edit]

Category: 日本のロック、ポップス

Thread:忌野清志郎  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 5

top △

次元を超えた感性の連続性。 

       昨晩お会いしましょう    松任谷由美
            
         amazonへ

           タワー・サイド・ストーリー
           街角のペシミスト
           ビュッフェにて
           夕闇をひとり
           守ってあげたい
           カンナ8号線
           手のひらの東京タワー
           グレイス・スリックの肖像
           グループ
           A HAPPY NEW YEAR

 クリスマスも終わって、今年もあとわずか。
 あぁ、また今年もバタバタとして終わってしまいそうな・・。
 そして、あんなこんなで、すぐに大晦日です。
 その、わが日本の大晦日の国民行事(?)ともいうべき、
 あの紅白に、今年ユーミンが初出場するそうで。

 今年の万博の成功もあって、次開催の上海から生中継するらしい。
 やっぱ、みゆきさんには負けてらんないですからね。
 さぞかし、気合入ってることでしょう。
 でも、正直、期を逸した感が・・。
 出るなら、94年がベストだったかなぁ。 曲は“春よ、来い”で。
 朝の連ドラの主題歌だったし、大トリで派手にバーンと歌ってたら、
 話題総ナメ、間違いなしだったのに。

 天才女性シンガーソングライターとして、J-POP(当時はニュー・ミュージック)の、
 歴史に輝く数々の名曲、名盤を残した、“荒井”時代を経て、
 結婚後は、時代の先駆者、予言者として、高度成長期、バブル期をリードしつつ、
 ますます存在は強大になっていき、
 90年代は、ついに“OLの絶対神”として、君臨していった彼女。

 実はこれといって、ずっと彼女を聴き込んでいたわけじゃないんだけど、
 かつて私も、恋愛に悩んでいた時期には、「女心ってなんだろう」と、
 “教祖様”のお詩に耳を傾けたこともありました・・。
 きっと、彼女の魅力は、古くから持つ日本人の心の琴線に触れる共感部分と、
 時代を開拓する意欲を、常に持ち続ける野心を持ち合わせた部分なんだろう。

 このアルバムを発表した81年、70年代(主に荒井期)と80年代の、
 境界線上で、彼女はこの傑作を作り上げた。
 ジャケットは、あのヒプノシスを起用。
 過去と現在を次元化して、見事に表現している。
 そう、タイムスリップして、過去の自分とリンクさせるイメージのようだ。
 サウンド面でも、“荒井”当時の弾き語りスタイルと、より緻密なAORを、
 構築させたアプローチの両面を同居させている。

 当時ポートピアで、流行スポットだった神戸のストーリーを歌った、
 “タワー・サイド・ストーリー”や、家出少女や夜遊びギャルの心情を代弁した、
 “街角のペシミスト”や、“埠頭を渡る風”のモダンタイプみたいな、
 “カンナ8号線”などで、あの時代の主流を世に説いてみせる。

 それと同時に、“荒井”的私小説も見え隠れする。
 “ビュッフェにて”の後半のブレイク前の、長い空白のせつなさといい、
 “夕闇をひとり”は、恋に破れたジェラシーを、演歌に落ちることなく、
 振り返るセンスのよさといい、心情や言葉に対する嗅覚の鋭さを思い知らされる。

 そして感動的なのは、大ヒットした“守ってあげたい”だ。
 守られたい、愛されたいという理想を夢見る女性とは、
 裏腹のダンディズムというか、本能というか・・。
 その後の年下男ブーム、はたまた、女性上位の時代を予言したかのようだ。

 最後の、来る年に願をかける“A HAPPY NEW YEAR”を聴きながら、
 たまには、シンプルに来る年を祝福しようかな。
 皆さんも、良い年を迎えますように。
 

2005/12/26 Mon. 09:37 [edit]

Category: 日本のロック、ポップス

Thread:懐かしい音楽  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 0

top △

ロックンロールを教えてくれた奴ら。 

           RHAPSODY          RC SUCCESSION 
        
                 amazonへ

                    よぉーこそ
                    エネルギーohエネルギー
                    ラプソディ
                    ボスしけてるぜ
                    エンジェル
                    ブンブンブン
                    雨上がりの夜空に
                    上を向いて歩こう
                    キモチE
   
   「おまえ、RCって知ってる? スゲェー、かっこいいんだよ」
    ある友人が貸してくれた一本のカセットテープ。
    汚ねぇー字で、「ラプソディー RCサクセション」とあった。
    なんだか、イチオシらしい。 ま、聴いてみっか。
    最初は、この程度のノリだった。

    (うるせえ~。 なにこいつら?) 素直にそう思った。
    ただ当時、ラジオから流れる外国の歌に興味はあった。
    でも、まだちょっと敷居が高かった、そんな年頃。
    (これがロックンロールってもんなんかな・・。)
    そう思い始めたら、繰り返し繰り返し。 何度も何度も・・。
    しまいには、テープ伸ばして。
    あの頃は、これが、日本のロック史上最高のライブ盤なんて、
    知る由もなかった。

    1980年4月5日、久保講堂での初のワンマン・ライブを録ったもの。
    初期のフォーク路線から、R&B、ソウルをベースにロックンロールへシフト、
    仲井戸麗市(チャボ)と新井田耕造が
    正式加入して、G2のキーボードが加わった、第2期のデビュー盤だ。

    メンバーはスタジオ録音で出したかったが、 当時、kittyが
    ケチッて、“安上がり”なライブ盤にされたそう。
    しかし、すべてが型破り。 やりたい放題。 天真爛漫。
    「よぉーこそ~」 ノッケからバンドの自己紹介を曲にしてしまう
    このセンス。 歌謡曲全盛の頃では考えられなかったことです。

    10分を越す“自己紹介”には、各自ソロが加わる。
    チャボとゲストの小川銀次のツインギターは、エッジ効いてるし、
    新井田さんが叩かないと、RCじゃない。
    決して、清志朗さんだけではないのだ。

    選曲もベスト。 まさに黄金期の彼らがここにある。
    ここでの、超名曲「雨上がりの夜空に」は
    RC史上、ベスト・パフォーマンス。
    これを聴かずして、日本のロックなど語れません。

    清志朗さんの名言。
    「レコードって、ライブに来てもらうためのチラシだ。」
    さすが、KING OF LIVE。 

    私に、ロックンロールを教えてくれたのは、RCでした。
    ストーンズもビートルズも、それからの追っかけ。
    これを機に、様々な曲を貪欲に聴いていったのでした。

    最後に、清志朗さん、
    音楽活動35周年、おめでとうございます。
                                

2005/08/28 Sun. 17:41 [edit]

Category: 日本のロック、ポップス

Thread:邦楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 2

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。