スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ロックンロールを教えてくれた奴ら。 

        RHAPSODY    RC SUCCESSION 
        
          

           よぉーこそ
           エネルギーohエネルギー
           ラプソディ
           ボスしけてるぜ
           エンジェル
           ブン・ブン・ブン
           雨上がりの夜空に
           上を向いて歩こう
           キモちE

   ウソだろ! 清志郎さんが亡くなるなんて。 とても受け入れられない・・・。
   またガンを乗り越えて帰ってきてくれるって、約束してくれたじゃないか。
   認めるもんか。

   このページは、私がブログを書き始めた頃、RCとの出会いを語ったものです。
   今回は、再度そのページをあえて改筆せずアップしたく思います。

   今は、追悼とか偲ぶとか、とてもそんな気持ちにはなれません。
   ただ、私の心にはただ“スローバラード”が響きます。
   ロックンロールは永遠に・・・。  


   「おまえ、RCって知ってる? スゲェー、かっこいいんだよ」
    ある友人が貸してくれた一本のカセットテープ。
    汚ねぇー字で、「ラプソディー RCサクセション」とあった。
    なんだか、イチオシらしい。 ま、聴いてみっか。
    最初は、この程度のノリだった。

    (うるせえ~。 なにこいつら?) 素直にそう思った。
    ただ当時、ラジオから流れる外国の歌に興味はあった。
    でも、まだちょっと敷居が高かった、そんな年頃。
    (これがロックンロールってもんなんかな・・。)
    そう思い始めたら、繰り返し繰り返し。 何度も何度も・・。
    しまいには、テープ伸ばして。
    あの頃は、これが、日本のロック史上最高のライブ盤なんて、
    知る由もなかった。

    1980年4月5日、久保講堂での初のワンマン・ライブを録ったもの。
    初期のフォーク路線から、R&B、ソウルをベースにロックンロールへシフト、
    仲井戸麗市(チャボ)と新井田耕造が
    正式加入して、G2のキーボードが加わった、第2期のデビュー盤だ。

    メンバーはスタジオ録音で出したかったが、 当時、kittyが
    ケチッて、“安上がり”なライブ盤にされたそう。
    しかし、すべてが型破り。 やりたい放題。 天真爛漫。
    「よぉーこそ~」 ノッケからバンドの自己紹介を曲にしてしまう
    このセンス。 歌謡曲全盛の頃では考えられなかったことです。

    10分を越す“自己紹介”には、各自ソロが加わる。
    チャボとゲストの小川銀次のツインギターは、エッジ効いてるし、
    新井田さんが叩かないと、RCじゃない。
    決して、清志郎さんだけではないのだ。

    選曲もベスト。 まさに黄金期の彼らがここにある。
    ここでの、超名曲「雨上がりの夜空に」は
    RC史上、ベスト・パフォーマンス。
    これを聴かずして、日本のロックなど語れません。

    清志郎さんの名言。
    「レコードって、ライブに来てもらうためのチラシだ。」
    さすが、KING OF LIVE。 

    私に、ロックンロールを教えてくれたのは、RCでした。
    ストーンズもビートルズも、それからの追っかけ。
    これを機に、様々な曲を貪欲に聴いていったのでした。

    最後に、清志郎さん、
    音楽活動35周年、おめでとうございます。

                                2005年 8月28日 記

    上を向いて歩こう。 涙がこぼれないように。

    ロックンロールを教えてくれて、本当に有難うございました。

    心より、ご冥福をお祈り致します。                合掌。

スポンサーサイト

2009/05/03 Sun. 08:25 [edit]

Category: 日本のロック、ポップス

Thread:忌野清志郎  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 5

top △

この記事に対するコメント

合掌…

僭越ながら、私も忌野清志郎氏のご冥福を祈らせていただきます。

ぶるじん #- | URL | 2009/05/03 20:29 * edit *

 >ぶるじんさん。
 ほんとに残念でなりません。
 ロックの魂は、永遠に不滅です・・・。

たか兄 #- | URL | 2009/05/04 22:14 * edit *

はじめまして。

初めて、お邪魔しました。
同じ世代で、同じ感じ方をRCに対しては持っているような?
中学の文化祭での楽曲はラプソディーからの選曲でした。
清志郎の心(曲)は今の若い子らにも伝えていきたいものです。

massan #- | URL | 2009/05/05 12:25 * edit *

 >massanさん。
 いらっしゃいませ。 コメントありがとうございます。
 バンドやってらっしゃるのかな?
 私も清志郎さんの魂を受け継いだ一人です。
 きっと今の若い奴らでも、そのソウルは伝わるはず。
 そう信じてます。
 
 

たか兄 #- | URL | 2009/05/05 16:52 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/06/30 20:47 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/107-d543177a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。