スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

アコギで初めてロックした凄い人。 

      BRING IT ALL BACK HOME  BOB DYLAN

           

          Subterranean Homesick Blues
          She Belongs To Me
          Maggie's Farm
          Love Minus Zero/No Limit
          Outlaw Blues
          On The Road Again
          Bob Dylan's 115th Dream
          Mr. Tambourine Man
          Gates Of Eden
          It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
          It's All Over Now, Baby Blue

 ボブ・ディランって、どんな人?って聞かれたら、私はタイトル名のように答えてる。
 簡単に言えばの話。  もう少し言うと、ビートルズがアメリカに上陸したことに、
 刺激を受け、(この後、そのビートルズがディランの影響を受ける。 特にジョン。)
 フォークとロックンロールを交配させ、フォーク・ロックの第一人者となって、
 その歴史、文化、またはアーチストに至るまで、多大な影響を及ぼし、
 時代の流れに関わらず、今日に至るまで、ずっと歌い続けている。

 私は、この人をロックの仙人だと思ってる。 とにかく、スンゴい人なのだ。

 カーペンターズの記事で、“敷居が低い”とか何とか書いたけど、
 逆に、敷居が高いっていうか、とっつきにくいっていうのかなぁ・・、
 分厚い本に果敢に挑もうとトライするも、途中で断念してしまいそうっていうかな・・。
 そんな人も多いんじゃないかなぁ。 なんか難しそうだし。
 でも、やっぱロックを知るためには、不可欠な最重要人物なんですよ、この人。

 とはいえ、前もって言っとくと、私もそんなにディランのこと知ってるわけではなくて。
 アルバムだって、たぶん半分くらいしか聴いてないし、ブートレッグ・シリーズなんて、
 まともに聴いちゃいない。 5段階で言ったら、レベル3くらいがいいとこ。
 だから生意気な顔して、ディランうんぬんなど語れないのが正直なとこですけど・・。

 自称“レベル3”の私なりのディランの話。 よろしく、踏まえてお付き合いを。
    
 難しくないですよ、ディランって。  難しく考えてるだけ。 難しく聴いてるだけ。
 頭で聴こうとするからダメなの。 「何を言おうとしてる」だの、「真意は何」とか。
 そうやって聴いたらダメ。 言葉も多いし。 日本人なんだから、やっぱ難しい。
 音から入るべし。 歌詞の内容とか背景は後からでいい。 自然に分かってくる。

 確かに、若い頃には反体制だの反社会だの、時にはキリスト教も歌ってきたけど、
 思って振り返ると、その時に歌いたいことを曲にして、ただひたすら歌ってきた。 
 それをず~と続けてきた。 計算とかアジテーションとか、な~んもない。
 気づけば、かっこ悪い男のラヴソングばっか、歌ってたりもするわけですよ。
 それだけの人なんです。 ディランって。 
   
 ただ、ちょっと時間はかかるかも。 「なんかいいなぁ~って」って思うの。
 “声”自体に特徴があるし、独特の歌回しや、節回しを変形させる歌い方に、
 (たぶん、ワザとです) いまだに抵抗がある人も多いし。 
 私は、83年の「INFIDELS」で入門したんで、割と抵抗なく入っていけたんですが。
 とは言っても、85年の“We Are The World”で、
 「♪We Are The World~」の大合唱に混じって、彼の独特のクセのある、
 ヴォーカルがカブるとこなんかは、レイ・チャールズの圧倒的な歌唱力と比べて、
 当時は「・・・」って思ったもんですが・・。 

 でも、その内分かってくるんです。 だんだんと。 ジワジワと。 
 ディランって、ほんとに歌が上手い人なんだってことが。
 曲によって、歌い方はもちろん、声色まで変えて歌ってるんですよ、この人は。
 なんて美しいメロディを、なんと美しい声で歌ってるんだろうって曲もあるんです。

 私が、ディランの数ある作品の中で一番好きなこのアルバムに入っている、
 “Love Minus Zero/No Limit”なんて、初めて聴いた時は耳を疑ってしまうほど。
 「えっ!? これ、ディランが歌ってるの?」って。 可憐なディランなんて。
 さりげないんだけど、なんて美しくて、なんて切ないフレーズなんだろう。
 たぶんこの曲も、湧いて出てくる情景とメロディを、そのまま綴っただけなんでしょう。
 恐るべし才能です。 

 ディランの革新性は、ノッケの“サブタレニアン・ホームシック・ブルース”で爆発する。
 この曲で、ディランはフォークとロックを合体させる。 そしてスパーク!
 アコギからエレキに足を突っ込んだ瞬間だ。  それは先鋭かつ衝撃的な瞬間だ。
 (ブートレッグ・シリーズの、フル・アコースティックでもロック全快。 スゲェ~よ。)
 言葉や単語を書いた紙を、曲に合わせてバンバンめくっていくビデオが有名だけど、
 (世界初のPVって言われてる。) 文体、小節、改行まるで無視。 こりゃ、ラップだ。
 やたら早口でまくしたて、息継ぎを多用して、リズミカルに発音する。 しかし、
 ディランで一番好きな曲なのに、いまだかつて、何が言いたいんだかわからない・・。

 このアルバムは、A面がエレキ、B面がフォークと、まだ中途半端な手探り状態で、
 試みた作品なんだけど、楽曲群の素晴らしさで一気に聴かせてしまう。
 「農場で働くのなんてもう御免だ」と叫ぶも、次じゃ、誠実な彼女に微笑みかける。
 “115の夢”じゃ、出だしをミスって吹き出してしまったテイクもそのまま入ってるし、
 バーズがビートルズっぽくさせて大ヒットさせた“Mr.タンブリン・マン”も、
 どっこいディランのオリジナルだし、 「もうすべては終わったんだよ」とアコギと
 ハーモニカで締める無駄のない流れ。 う~ん。 素晴らしい。

 現在67歳の彼。 (24日には、68歳の誕生日だ!)
 この前、33枚目のオリジナル「TOGETHER THROUGH LIFE」が
 英、米でNO.1になって、(英じゃ40年振りだって! 有り得ないよ。)
 まだまだ、“伝説”は生き続けてる。  これは、スゴイことです。
 
 「生まれるべき“家”に向かう旅をしてるんだ。 いつも前に進むことが大事。」
 “時代は変わるんだ”って、歌ってるのに、 本人は、ちっとも変わらずじまい。
 やっぱ、仙人ですよ。  参りました。
スポンサーサイト

2009/05/22 Fri. 20:51 [edit]

Category: ボブ・ディラン

Thread:洋楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 4

top △

この記事に対するコメント

実は・・・

最近、彼の入門的なベスト盤を入手したばかりであります♪
このトシになって、ようやく彼のサウンドが受け入れられるようになったみたいで、なんともかんとも…☆(^^;

ぶるじん #- | URL | 2009/05/23 20:05 * edit *

 >ぶるじんさん。
 そうですか~。 でも、そういう方って結構みえると思いますよ。
 若い時には、憧れとかスタイルで聴いてみようかなって入ってみても、
 歌詞とか難しいし、そのくせ、分かってるふりしてるみたいな・・。
 私もどちらかというと、その口でしたんで、ほんとにいいなぁ~、スゴイなぁ~、
 って思うようになったのは、ここ数年のことですもん。
 私も、まだまだ修行の身でございます。

たか兄 #- | URL | 2009/05/24 08:21 * edit *

「TOGETHER THROUGH LIFE」が
英、米でNO.1、素晴らしいことです。
日本でも吉田拓郎が63歳で記録作りましたが、
68歳のポール・マッカトニーとミック・ジャガー、
ボブ・ディランとともにまだまだ何をするか
わかりませんね。

ミキタカ08 #- | URL | 2009/06/01 23:23 * edit *

 >ミキタカ08さん。
 ご訪問、コメントありがとうございます。
 ディランの新譜の快挙、ほんとに素晴らしい記録だと私も思います。
 噂だと、ディランとポールがジョイントして何かやるらしいみたいな話題も、
 あるみたいで、この達者ぶりには頭が下がります。
 彼ら“レジェンド”が未だ現役でいるのは頼もしい限りですね。
 60年代ネタはあまり詳しく書けませんが、また遊びに来てくださいな。

たか兄 #- | URL | 2009/06/02 21:27 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/111-d09eb0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。