スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

これぞ華麗なる最後の勇姿。 

          LIVE AT WEMBLEY ’86      QUEEN

                   amazonへ


 盛り上がってるのかなぁ。
 クイーン+ポール・ロジャースの来日公演。
 クイーンファンの端くれの私も、不参加組なんで、
 けっして大きなこと言えないのですが・・。
 テレビじゃ、まだCMバンバン流してるし、新聞広告も、
 「絶賛発売中」の文字が。
 “やっぱ、チケット売れてないんかな・・”と思ってしまうんだけど。

 いかない理由は、ただ一つ。
 「フレディのいないクイーンなんてヤダ。」
 ガンコものなんですよ、私は。
 フレディ=クイーンではないんだけども、
 (逆に、フレディ一人でも、クイーンじゃない)
 あの4人がいて、クイーンなのです。 永遠であるはず。
 過去の名曲、名盤もあの4人の成せる業、マジックあってこそ。
 今、二人でクイーンを名乗ってはいけません。

 だから、「RETURN OF THE CHAMPIONS」も、先日、タワーに
 立ち寄った時に視聴した程度で、未購入であります。
 (お前は、それでもクイーンファンか!と怒鳴られるの覚悟です・・)
 しかし、これが案外悪くなかったんですよ。
 ブリテッシュ・ロックの王道を貫くライブとしたら、
 結構興味深いものがある。 ブライアンが、
 ポール・コゾフよろしく、“Wishing Well”や“All Right Now”
 をどう料理するかとか、ロジャースがクイーンの曲をブルージィに
 歌ったら、どう変わるのかなどね。

 盛り上がってるし、ステージにも一体感がある。
 でも、やっぱ違和感を感じるのも事実。

 1986年7月12日、ロンドンのウェンブリー・アリーナでの公演を
 ほぼノーカットで収録された、このアルバムを聴くたび、
 フレディの大きさに、ただ圧倒されるばかりだ。
 そこには、ロック・ボーカリストとしての技量を超越した
 究極のエンターティナー、フレディの姿がある。
 観衆は、2日間で約14万人! その彼らを、まるで支配者の如く、
 煽りに煽って、頂点に誘うのだ。

 オープニングの“One Vision”から、もう全開モード。
 そして、必殺“Tie Your Mother Down”へなだれ込み、
 “In The Lap Of The Gods..revisited”から
 “Seven Seas Of Rhye”へのスリリングな展開や
 フレディの美しすぎる“Love Of My Life”や、
 オールディズのメドレーから、お約束コースへと。
 そして、大団円に。 
 そこには、勝ち誇ったかのように、
 真っ赤なローブをまとい、王冠をつけた“王者”が。
 もう、最高です。
 
 偉大なるステージでした。 これが最後であるかのように。
 (この翌月のネブワースでのライブが最後だった・・)
 そして、ウェンブリーはクイーンの聖地となったのです。
 もう、こんなロック・ボーカリストは二度と現れないだろう。
 
 しかし、ブライアンもその思いは百も承知のはず。
 だから、その魂を伝えられるのは、彼らしかいないことも。
 ちょっと批判的なことを言ってしまったけど、
 どうせなら、ドンドン盛り上げてほしいね。
 日本人は、お祭りごと大好きだからね。

スポンサーサイト

2005/10/14 Fri. 17:58 [edit]

Category: クイーン

Thread:洋楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 5

top △

この記事に対するコメント

新生クィーン

グループ・アーティストにとって、リード・ボーカリストを失うって出来事はそのバンドの“終焉”をどうしても感じてしまいますよね。
ポール・ロジャース加入のクィーンは、短時間でしたがテレビで観ましたが、う~んどうなんでしょうネ。(^^;

90年代にジョージ・マイケルがリード・ボーカルをとっていた時は、意外にもハマッている感じにとれてしまいましたが・・・。(オイオイ)

AC/DC、シカゴ、ヴァン・ヘイレン(3人目は失敗か?)等のように成功したバンドもあるのですが、ワタシの大好きだったインエクセスのリード・ボーカルも最近になって決定したようです。
でも、マイケル・ハッチェンスの後釜なんて想像出来ない!、なンてのは単なる一ファンのわがままなんでしょうかねぇ・・・。(^^;

ぶるじん #- | URL | 2005/10/15 20:16 * edit *

クイーン+ポール・ロジャース

こんばんは^^
アマゾンで数曲試聴してみたけど…
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AMJEGE/250-5092009-6313821
やっぱりQUEENじゃないです(^^;)
私の中ではフレディーのヴォーカルと
ブライアン・メイの自作ギターの音じゃないとQUEENじゃないので。。

*Rei* #O41bhH7A | URL | 2005/10/15 21:24 * edit *

ボーカリスト

 >ぶるじんさん
 どうもです。 バンドってボーカリストが、ほんとに大事ですからね。
 交代して成功した例なんて、確かにあまりないですね。
 メタル系のバンドなんて、よく変わるけど、結局また戻ったりで。
 INXSってまだやってたんですか?
 よせばいいのに。 過去の栄光にすがってる感じですね。

 >*Rei*さん
 私も、「今のクイーンなんて認めないよ」派ですからね。
 やるなら、別のバンドかプロジェクトでするべきだと。
 富も名声もあるのに、意味あるのかなぁ。
 そこんとこ、ブライアンどう思ってるんですかねえ。

たか兄 #- | URL | 2005/10/16 09:58 * edit *

どうもはじめまして。あいさつ代わりに
よってみました。素的なブログですね。
更新楽しみにしてます。仲良くしましょ。

ゴッドウーチン #- | URL | 2005/10/23 19:55 * edit *

いらっしゃいませ。

 >ゴッドウーチンさん
 こちらこそ、はじめまして。
 更新のゆる~い私のブログですが、寄っていただき、ありがとさんです。
 とはいえ、正統派(?)音楽ブログの王道は走ってるつもりです。
 そちらも、正統派映画ブログのようで。
 また、いつでもお立ち寄りくだされ。

たか兄 #- | URL | 2005/10/24 00:40 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/25-ad94a8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。