スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

真の王女の最終章とは。 

      INNUENDO         QUEEN

         amazonへ

      Innueundo (イニュエンドゥ)
      I'm Going Slightly Mad  (狂気への序曲)
      Headlong (ヘッドロング)
      I Can't Live With You(アイ・キャント・リブ・ウィズ・ユー)
      Don't Try So Hard (ドント・トライ・ソー・ハード)
      Ride The Wild Wind (ライド・ザ・ワイルド・ウインド)
      All God's People (神々の民)
      These Are Days Of Our Lives (輝ける日々)
      Delilah (愛しきデライラ)
      The Hitman (ヒットマン)
      Bijou (ビジュウ)
      The Show Must Go On (ショー・マスト・ゴー・オン)

 急いでいたんでしょう。
 前作「ミラクル」から1年半にも満たないリリース間隔で発表された
 このアルバム。
 まさか、そんな切羽詰った状況であるなど知らないまま、
 “えー、もう出るんだ”くらいの気持ちでいたけど・・。

 「MADE IN HEAVEN」は、フレディが歌いなぐった絶筆みたいなデモに、
 他の3人が加筆して発表した遺書みたいな作品。
 故に、QUEENというバンドが、4人で機能していた形であったこのアルバムこそ、
 QUEENの最終章と呼びたい。

 まず、どの楽曲も完成度が高く、緊迫感に満ちたものばかりであることと、
 フレディのボーカルに驚いたものだ。 出てるんですよ、声が。
 伸びと言い、高音のハリといい申し分なく、巧みに緩急自在に操る。
 正直、まだこんなにフレディが歌えるんだと感心したものだ。
 歌いきる、というのはこういう姿をいうのだろう。

 しかし、全体を包む切実なまでの“生への希望”と“死の恐怖”の叫びに、
 いろいろと噂も飛び交ってたけど、「ほんとに、ヤバいかも・・」と、
 勘ぐってしまったのも事実。

 “イニュエンドゥ”は、「最期の時まで、努力し続けよう」と、
 自らを奮い立たせる讃歌。 6分半の物語は、進化した現代の、
 “ボヘミアン・ラプソディ”といっていいし、
 (中間部のスティーヴ・ハウのスパニッシュ・ソロが素晴らしい)

 「来るべきものが来た」と、日毎に悪化(狂っていく)姿を歌った
 “狂気への序曲”、「もう必死になることなどない」と、
 人生を悟ってしまったような“ドント・トライ・ソー・ハード”。
 「あの頃の僕らは生き生きとしていた」と、人生を振り返る、
 “輝ける日々”などと、
 死を意識するというより、「死ぬことが近いことを分かっていて」、歌う姿ほど、
 悲哀で心を打たれるものはない。

 しかし、感傷的ムードばかりに陥らず、“ヘッドロング”や“ヒットマン”のような
 ハードドライブ・ロックも、きっちり脇を固めているところが、
 ロック・バンドとしてのQUEENたるプライドの高さ。

 何より、エイズに冒された身体に鞭打って歌いきるフレディの
 ミュージシャン魂と、彼の最期の花道に花を添えた3人の愛情に
 深い感動を覚える。
 「ショーは続けなきゃいけないんだ」
 こう叫んで、1991年11月24日、
 美しくも華々しく散って行った彼の魂は、消えることはなかろう。
 
 この前のQUEEN+ポール・ロジャースの存在うんぬんなど、
 今、そのことは抜きにして。
 最期を華麗に勇ましく歌いきった、これこそスワン・ソング。
 見事でありました。
スポンサーサイト

2005/11/22 Tue. 21:00 [edit]

Category: クイーン

Thread:洋楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 1  /  CM: 3

top △

この記事に対するコメント

確かに…

リリース当時は全くフレディがエイズなんての知らなかったのでまたソウルなアルバム出すのか、、、クイーンもしょうがないな、って感じでしたもんね。聴いたらすごく原点に戻っていて、相変わらずブライアンのハードロック路線は異質だと感じましたが、それでもフレディの作品には威厳が漂ってたし。「Innuendo」「The Show Must Go On」の素晴らしさは他の群を抜いていると思っています。今聴くと全然異なった印象で聴き、そしてその聴き方に対応できるだけの楽曲が収録されている事実上の遺作、ですね。

フレ@ロック好きの行き着く先は… #- | URL | 2005/11/23 11:46 * edit *

そうですね。

>フレさん
 コメントありがとうございます。
 最期に傑作を創り出せるマジックは奇跡的でした。
 でも、ただただ残念なのは、ライブで(フレディの)聴けないことです。
 「ショー・マスト・ゴー・オン」なんか聴きたかった・・。

たか兄 #- | URL | 2005/11/23 18:26 * edit *

こんばんゎ。初めまして。具羅子ってぃぃます☆
最近、ブログ始めちゃいました。内容は女子高生の戯言、みたぃな(笑)
ポルノグラフィティが大好きなので、歌詞の見解も書いてます☆
ブログサーフィンしてたらココにつぃて・・・。何かの縁だと思ってコメント書きました(笑
これからもブログ更新頑張ってくださいねッ☆でゎ・・・。

P.S 良かったら遊びに来てください☆
「ぽるのぐらふぃー」
http://pornoloveupper.blog37.fc2.com/

具羅子 #- | URL | 2005/11/25 18:10 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/35-ff711b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Yes

 デテクティヴって元イエスのトニー・ケイがいたんだ、ってことで久々にイエスを引っ張って聴いてみたが…、やはり自分的には面白みのないバンドなのであった。もちろん好みの問題な

ロック好きの行き着く先は… | 2005/11/22 23:50

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。