スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ロックの子守唄に乗せて。 

     HOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB     U2
           
                   amazonへ

               Vertigo
               Miracle Drug
               Sometimes You Can't Make It On Your Own
               Love And Peace Or Else
               City Of Blinding Lights
               All Because Of You
               A Man And A Woman
               Crumbs From Your Table
               One Step Closer
               Original Of The Species
               Yahweh

 第48回グラミー賞の主役になった彼らと、このアルバム。
 その壇上で、ボノはこうスピーチした。
 「俺達はロック・バンドではないんだ。
  世界一騒々しいフォーク・バンドなんだよ。」
 なるほど。 うまいこと言うなぁ。
 自分達のことをここまで冷静に捉えているからこそ、
 アルバム出すごとにドンドン巨大化していっても、
 けっして見失うことなどないんだな。

 ご挨拶がわりの、ファースト・シングル“Vertigo”を初めて聴いた時には、
 ミサイルを発射せんばかりの、ドエラい勢いとスピードと疾走感に、
 “めまい”するほど、クラクラしてしまったもんです。
 これだけ“速い”U2の曲は久々じゃないんかな。
 「そしたら、新作はデビュー当時みたいな若さを取り戻したような、
  ロック・アルバムになるのかな。」と、勘繰らせるには十分な“つかみ”だった。

 しかし、蓋を開けてみたら、荒々しい曲はこれだけ。
 デビュー当時の若さどころか、その“少年”など、もうここにはいなく、
 成熟した、等身大の大人になった彼らがいたのだった。
 それは、個人的でもあり、普遍的でもあり、大いなる愛を伝える。
 まるで、ロックの子守唄を聞かせるようだ。

 とはいえ、今回はプロデュースをスティーヴ・リリィホワイトに任せた為、
 特にエッジのギターのディレイやカッティングがソリッドになり、
 「WAR」以来のギター・アルバムに仕上がった。
 やはり、エッジのギター・プレイはU2の大きな魅力の一つだから、
 世のギター小僧よ。 真似たり、コピるのもいいけど、
 この“空間”とタイミングを盗んで、勉強するといいと思う。

 タイトルは「核爆弾の解体方法」たるもの。
 これは、「再び反戦、平和のメッセージ・アルバムなのかいな」と、
 これも勘繰ってしまったが、またまた大ハズレ。
 核爆弾とは、ボノの父親のことを指したものらしい。
 2001年に亡くなってしまった父への想いを歌った楽曲を含んだ、
 これは、大いなる愛を綴った作品集なのだ。

 しかし、伝え聞くところでは、若くして家を出て孤児のような境遇を経験し、
 父とは疎遠だったボノは、父親とはうまくいってなかったらしく、
 いつも、ケンカや争いばかりだったという。
 その父との“和解の仕方”=“解体方法”という、ボノなりのジョークなんだろうな。

 その父のことを歌った“One Step Closer”(あと一歩近づけたら)と、
 最優秀楽曲賞を授賞した“Sometimes You Can't Make It On Your Own”
 (時には、一人で無理をしなくてもいいんだよ)だ。
 この2曲には、伝えられなかった父へ語りかけるボノの感情が昇華されていくようだ。

 かつての“BOY(少年)”も、子を持つ父親となり、亡くなる頃には、
 初めて父と子の対話と和解ができるまでになれたという。
 そこでの体験が、さらなる成長と真摯な心で向かい合える自分になれたのだろう。
 ボノは、ますます“カリスマ”を身に付けた。
 果たして、これからどこまで極められるのだろう。

 父親の大きさと真の愛情ってのは、
 亡くなって、初めてわかるものなんだよな・・。
スポンサーサイト

2006/02/14 Tue. 21:54 [edit]

Category: U2

Thread:洋楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/55-76a3441f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。