スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

8角形の中のブサイクな奴って。 

    THROUGH THE PAST,DARKLY  (BIG HITS VOL.2)
                                THE ROLLING STONES

           
              
                                                                         【UK(DECCA)版】  ※廃盤             【US(LONDON)版】
Jumpin’Jack Flash                    Paint It Black
Mother's Little Helper                Ruby Tuesday
2000 Light Years From Home          She's A Rainbow
Let's Spend The Night Together         Jumpin’ Jack Flash
You Better Move On                Mother's Litille Heper                                               We Loves You                     Let's Spend The Night Together                Strreet Fighting Man                  Honky Tonk Woman
She's A Rainbow                     Dandelion
Ruby Tuesday                       2000 Light Years From Home
Dandelion                       Have You Seen Your Mother,Baby,                    Sittin’ On A Fence                      Standing In The Shadow
Honky Tonk Woman                  Street Fighting Man

 盛り上がってるのかな。  ストーンズ来日公演。
 やっぱ、行きたかったなぁ・・、と思いつつも、行けない立場で、
 あ~だこ~だ言うもの何なんですが、
 70歳に手が届こうとするロックの伝説が、今を持って、まだ現役で、
 ステージを繰り広げ、老若男女を問わず興奮させるパワーを発揮してる。

 ただ中には、「ワンパターンだ」とか「もう終わってる」との声もチラホラ聞こえてくる。
 いいじゃないですか、ワンパターンで。
 そこで、レアな曲を2,3曲演ってくれるだけで充分満足なのでは。
 ポールやクラプトンもそうなんだけど、彼らは、もう古典芸能なんです。
 能や歌舞伎と同じ。 重要無形文化財そのもの。 ロックの“宝”なんです。
 だから、大切にしましょうよ。 存在自体が、もう“奇蹟”なんですから。

 そんな来日中のストーンズを、やっぱ無視できっこないです。
 ただ今日は、初期のDECCA/LONDON時代(アブコ時代)を語ってみたく思う。
 しかし、ベロ・マーク以前のアブコ時代のカタログって、ほんと、ややこしい。
 UK盤とUS盤だの、ジャケ違いは元より、同じジャケなのにタイトルや選曲が違ったり、
 とにかく、わずらわしいし、面倒だ。 だから、初期のストーンズは曲単位中心で、
 アルバム単位ではあまり聴き込んでないんですが・・。
 (聴き込みだしたのは、US盤の「AFTERMATH」あたりから)

 故に、アブコ時代は、こぞってベスト盤ばっか聴いてました。
 中でも、中古屋で少々大枚をはたいて購入した、この8角形のアルバムを、
 今日は引っ張り出してきた。
 このアルバムも、UK盤とUS盤と選曲も違うんだが、(UK盤は廃盤)
 当時購入したのはUK盤で、私としては、この8角形のオープニングは、
 キースの必殺オープンEの“ジャーン”から、ミックの“ワン!トゥー!”の気合一発、
 サイケデリックの旅からメインストリームに帰還した記念すべき、
 史上最強のロックンロール・ドライヴィンで始まんないと。

 ただUK盤は、アーサー・アレキサンダーのスロー・カバー“You Better Move 0n”と、
 デモ・トラックだったフォーク調の“Sittin’ On A Fence”といった渋めの選曲ありで、
 派手なヒット曲のオンパレードのUS盤よりもスパイスが効いてた。
 (ブライアンの趣味も加味した追悼の意味もあったのかな)

 この頃(66~69年)のストーンズは、とにかく事件続き。
 ドラッグによる逮捕や司法のやり取り、そして、ジャンキーになった、
 ブライアンの脱退と不慮の死亡と、トラブル続きだった。
 しかし、音楽的変化、成長度はめざましく、デビュー当時からのマネージャー、
 アンドリュー・オールダムをクビにして、カバー・バンドからの脱却を図り、
 ジャガー/リチャーズのオリジナル構築に画策して、サイケの実験などを経て、
 試行錯誤していた時代だ。

 またそれは、ストーンズのリーダー・シップがブライアンから、
 ジャガー/リチャーズに移っていく結果にもなった。
 これは、悲しい結末に繋がっていくんだけど、この頃のストーンズのサウンドに、
 ブライアンの持ち込んだ楽器の実験的アプローチは、とてつもなく大きい。
 
 シタールを大胆に導入した“Paint It Black”や、“Mother's Little Helper”に、
 マリンバやメロトロン(“She's A Rainbow”での美しいこと!)など、
 キラリと脇を固めて、名曲に華を添えていた。
 しかし、このアルバムのリリース2ヶ月前の69年7月3日、自宅プールで溺死体で発見。
 27年の波乱の人生に幕を閉じた。

 でも、最高にバカな奴だった。
 音楽的才能がありながら、ジャガー/リチャーズの成長の陰で、徐々に追い込まれ、
 クスリに手を染めて、ジャンキーに溺れてしまったバカな奴だった。
 あのジョンだって、才能を認めてたんだよ。
 ビートルズ最高の怪作“You Know My Name”の馬鹿げたサックスだって、
 ブライアンだった。 やっぱ、バカだったよ。
 
 そんなブライアンに捧げられたこのアルバム。 なのに、このジャケって・・。
 ガラス越しにメンバーが顔を押し付けてるものなんだけど、
 ミックやキースの“きれいどこ”は、それなりなんだけど、
 奴ったら・・。 いきなり鼻からイッちゃったもんだから、
 おもいっきり、ブタ鼻に・・。  
 あなたに捧げられたアルバムだってのに・・。

 やっぱ最後まで、最高にバカだったよ。
スポンサーサイト

2006/04/02 Sun. 09:24 [edit]

Category: ローリング・ストーンズ

Thread:洋楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 1  /  CM: 4

top △

この記事に対するコメント

こんにちはー。コメント、TBどうもありがとうございました。
ブライアンがいなくなったあとのストーンズの発展ぶりもすごいですけど、ブライアンはやっぱりかっこよかったですよね。「最高にバカ」で、最高に繊細で・・・。

muse #Fq.t1ZMk | URL | 2006/04/04 10:53 * edit *

最高のバカって・・。

 >museさん。
 バカ呼ばわりしたんですが、
 私のブライアンに対する最高の褒め言葉です。
 天才とバカは紙一重ともいいますし。
 これこそ、ロックの運命というものなのかもですね。

たか兄 #- | URL | 2006/04/04 20:41 * edit *

これ

このアナログ・レコードはかつて所有していたのですが、パンク・ロック~ニューウェーブの華やかな時代に都内の輸入ショップで手放してしまったのですよ。今までの洋楽人生の中で最も後悔している事件でした。

Cottonwoodhill #- | URL | 2006/04/09 00:03 * edit *

あれまぁ~。

 それは、もったいないことを。
 最近、中古アナログ・ショップも行ってないんですが、
 この8角形は、あまり見れなくなってしまったような気がします。
 これの、DECCA版のモノラルなんて、ウン万円もしてましたっけ。

たか兄 #- | URL | 2006/04/09 10:17 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/62-2e0beef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ローリング・ストーンズのコンサートで練習

先日、ローリング・ストーンズのライブ盤『ラヴ・ユー・ライヴ』をご紹介しましたが、ストーンズの定番ライヴ盤をもう一枚ご紹介!『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!('GET YER YA-YA'S OUT!' The Rolling Stones in concert)』。ストーンズ最盛期の『ベガーズ・バンケッ

Muse on Music. | 2006/04/04 10:44

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。