スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

空耳こそ、洋楽の楽しみ方の極み。 

          SHEER HEART ATTACK       QUEEN

amazonへ


 「♪空耳ぃ~ア~ワ~」 タモリ倶楽部の名物コーナー。
 大好きです。 シニカルかつバカバカしくて。
 洋楽の歌を“ここの部分”は日本語に聞こえると勝手(強引(?))
 に解釈するもの。 洋楽の別の楽しみ方としたら面白いんでないの。
 今、巷で流行ってる「マイアヒ」(♪飲ま飲まイエ)なんて、
 究極の空耳だよ。

 その空耳アワーで一番出演(?)回数が多いのがQUEENだそうだ。
  “ピーマンはダメですよ~。”(シーサイド・ランデブー)
  “花のパリ側、なめこそば。”(マイ・メランコリー・ブルース)
 など、名空耳が沢山ある。 

 私にとって、QUEENというバンドは、
 ハードロックだという固定観念が、いまだにある。 特に、
 このアルバムにある、ロック野郎の“泣く子も黙る”必殺ハード
 ドライブナンバー“Stone Cold Crazy”が、あまりにも、
 スリリングでカッコイイからだ。

 しかし、ここからハードロックのみならず、様々な音楽要素を
 組み入れて、独自の世界を創り上げていく。
 その真骨頂が“Killer Queen”だ。
 シャンパンとキャビアに囲まれたセレブの極み。 
 あぁ、マリー・アントアネットよ。 デカダンスへの憧れ。
 これぞ、フレディの美学です。
 変拍子、転調を繰り返す曲展開、変幻自在のコーラスワーク。
 そして、多重録音されたテロッテロッのギターソロ。
 (おお、QUEENは、やっぱこれだぜ。)

 そんなQUEEN(ブライアンとロジャー)がポール・ロジャースと
 組んで復活、来日する。 賛否両論あるけど、
 正直、微妙です。(ジョン、あなたは賢明ですよ。)
 言いすぎ覚悟だけど、フレディが亡くなった時点で、
 私の中では、QUEENは終わってしまいましたから。

 どんなバンドにも“核”となるメンバーがいます。
 その人がバンドを去った時の影響力は計り知れません。
 「アイツがいなくても、オレたちでも・・」と頑張る姿勢と、
 聴く側のニーズとは、温度差があるのも確か。

 QUEEN=フレディではないんだけど、大きすぎました。
 フレディの存在が。
 ブライアン、今回だけにしといて下さいな。
 
 最後に空耳を、
 「♪シーズ キラークイーン がんばれ、田淵~。」

スポンサーサイト

2005/08/20 Sat. 18:20 [edit]

Category: クイーン

Thread:洋楽CDレビュー  Janre:音楽

TB: 1  /  CM: 4

top △

この記事に対するコメント

確かにがんば~れタブチ~に聞こえますね。
Queen好きですヨ。

natue #- | URL | 2005/08/20 19:26 * edit *

はじめまして^^

履歴から寄ってみました♪
空耳アワー、私も好きです(^^)
最近ちょっと見てないけど。。

*Rei* #O41bhH7A | URL | 2005/10/08 23:34 * edit *

こちらこそ。

 >Reiさん
 ご訪問ありがとうさんです。
 空耳アワー最高だね。 あのバカバカしさはなんなんでしょ。
 Queenも思い入れがあるバンドだから、また、書きたく思います。
 そちらにも、また寄らせてもらいます。

たか兄 #- | URL | 2005/10/09 13:24 * edit *

ですね~^^

ビートルズの「あほな放○犯~」っていうの覚えてます?
すいませんシモネタ系で(〃-〃)
あと空耳じゃないけど「ボキャブラ天国」も好きでした。
また復活して欲しいな~なんて思います。

私の文章は解説もないし肉をつけるのがニガテで
たか兄さんのようにしっかり書けないから
また楽しみにしてますね^^

*Rei* #O41bhH7A | URL | 2005/10/09 14:18 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/9-e3bff450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

A Night at the Opera/QUEEN

A Night at the OperaQueen [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] 1973年「戦慄の王女」で、それまでのハード・ロックのパターンから脱した新しいスタイルのハード・ロック・サウンドでデビューしたQUEEN。4作目にあたる「オペラ座の夜

OOH LA LA - my favorite songs | 2005/08/27 11:32

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。