スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

アメリカの良心、グラミーを制す。 

 先日、11日(日本では12日)に第49回グラミー賞授賞式がLAで行われました。
 昨年もレビューしたんだけど、今年もレビューしていこうかと。
 さすがは、グラミーの舞台。 今年も楽しませていたただきました。

 昨年は、まさにU2のためにあったようなグラミーだったんだけど、
 今年は、本命不在の混沌とした予想しにくいグラミーだった。
 でも、ふたを開けたら、今年も“・・”のためのグラミーになってしまいました。
 これは、意外な展開だったなぁ。

 まずは、オープニングからやられました。
 ここ最近のグラミーのオープニング・アクトには、景気づけには打ってつけの、
 “ガツン”とした一発でオープニングするんだけど、
 (一昨年のプリンス&ビヨンセ、昨年のマドンナとGORILLAZとのコラボ)
 今年は、なんと2007再結成ポリスの初パフォーマンスだ。
 (正直、賞ウンヌンより、これが一番楽しみだったんだけど・・)
 何の前触れもなく、いきなり、あの印象的なカッティングが。
 “ロクサーヌ”だ。 デビューから30年経って、ここでデビュー曲を持ってきた。
 やっぱ、スゲエや。 瞬きするのも嫌なくらい見入ってしまった。
 やる気マンマン。 ロックの殿堂の時とは、全然気合の入り方が違う。
 スティングは、黒のタンクトップが渋かったんだけど、ベースをブンブン響かせて、 
 貫禄と風格が漂ってたなぁ。 やっぱ、彼はロックが一番似合うよ。
 アンディもステュワートも、全然衰えもなく、アンサンブルは完璧。
 「えっ! もう終り・・。」の、あっという間の3分半だった。
 もっと見たかったけど、この再結成、本気度100%。 今後、更に楽しみだ。

 さて、賞の行方なんだけど、主要部門で今年はロック勢がやや大人しい感じで、
 (今年はHIP HOP勢が少ないし弱い。 もう主流の波が変わってきたのかな。)
 個人的には、イマイチなとこだったんだけど、 報じられてるように、
 ディクシー・チックスが主要独占の5部門(ノミネートすべて)受賞の、
 彼女達のグラミーとなった。

 まずは、個人的にいつも注目してるロック部門からは、
 アルバムはやっぱレッチリの「STADIUM ARCADIUM」が持っていったね。
 年間最優秀アルバムは逃しちゃったけど、これは文句なし。
 時代に逆行する2枚組での受賞。(過去にあったっけ?)  アッパレアッパレ。
 (グループ、楽曲(“Dani California”)でも受賞。) 
 圧倒的なヴォリュームなのに一気に聴かせられちゃったもんなぁ。
 近々、レビューしなくちゃ。
 (男性ヴォーカルで、ディランが地味に受賞してました。 いやいや頑張るなぁ。)

 メアリー・J・ブライジが最多の8部門ノミネートだったんだけど、
 結局はR&B部門のみでの受賞に留まったし、ジェイムス・ブラントなんて、
 一つもとれなかった。 (コレ、かかりすぎじゃないの。 耳タコだもん。)
 賞を独占したのは、ディクシー・チックス。 バッシングには屈せずに勝利したね。
 3年前のブッシュ批判(イラク派兵に対して、“同郷のテキサスの恥”とライブで批判)で、
 当時のアメリカは、憎っくきフセイン退治にイケイケだったから、ブッシュには追い風。
 その煽りで、全米で不買運動やラジオでのオンエア拒否や中傷など、
 大バッシングの嵐にあってしまった彼女達。
 でも今では、状況も変わって、彼女達の屈しない姿勢に賛同する声が強くなって、
 グラミー協会員の心も動かしてしまった形になってしまったのかな。

 私は、この曲は知らなくて、今回初めて聴いたんだけど、カントリー・グループなのに、
 ロックっぽい感じだなぁ、と思ったんだけど、 プロデュースはリック・ルービンだった。
 えっ! レッチリと同じじゃん。 やっぱ、そうだったんだ。
 最優秀プロデューサー賞獲ったのも納得。
  
 今回のトリビュートはカントリー・アーチスト達によるイーグルスの共演と、
 昨年末、他界したR&Bのゴッド・ファーザー、JBだ。
 どれも素晴らしかったけど、クリスティーナ・アギレラの“マンズ・マンズ・ワールド”は、
 迫力満点。 あの声量は凄かった。 あの姉さん、なかなかのもんですな。
 真っ暗のステージのマイク・スタンドにスポット・ライトを当てて、
 金ラメのド派手なガウンをそっと掛ける演出なんか、見事でした。

 まぁ、今年は割りにシンプルな感じの授賞式だったんだけど、
 楽しませてもらいました。
 政治の影響が、もろに音楽界にも飛び火した感じのグラミーだったけど、
 これも、アメリカだからこそ。
 最近のアメリカには、あまりいい印象持ってなかったんだけど、
 良心は失われてなかった。 
 言論の自由は、絶対守られるものなのだ。  

 第49回グラミー賞 全受賞リスト 
スポンサーサイト

2007/02/15 Thu. 15:14 [edit]

Category: 雑記

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://slanky.blog18.fc2.com/tb.php/96-76af0aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。